聴こえと難聴について

  • HOME >
  • 聴こえと難聴について

聴こえと難聴について

hear-main

「耳の構造」と「聴こえのしくみ」

「聴こえる」という反応が正常に働くためには、音がその音源から耳を通って脳に到達するまでの間で、何らかの形でさえぎられること無く、スムーズに伝わらなければなりません。
難聴には様々な原因があり、自分ではなかなか気付きにくいものです。
まずは、聴こえのしくみを知っていただき、ご自身の聴こえの状況を把握することから始めましょう。

hear-image1

経 路 部 位 役 割 詳 細
伝音器 外耳 耳介 音を集める 耳の形は集音効果と音のする方向を特定するのに適した形状をしています。
外耳 外耳道 音を通す 鼓膜までの音の通り道。耳垢が音の伝達を妨げて聴こえを悪くすることもあります。
中耳 鼓膜 音を受ける 音の波を受けます。鼓膜に穴が開いていたり、欠落した状態は聴こえに影響してきます。
中耳 耳小骨 音を伝える 鼓膜で受けた音を感音器へ伝える為のツチ・キヌタ・アブミ骨の3本からなる重要な骨です。
感音器 内耳 蝸牛 音を識別する 内部にある有毛細胞という毛が音の波を拾って音の種類を識別しています。
内耳 聴神経 音を送る 蝸牛で識別した音を脳へ伝える為の神経です。神経も使わないと弱ります。
音を判断する 最終的に音を判断するのは耳ではなく脳です。「聴こえない」と「聴かない」は別です。

難聴とは…?

入ってきた音が脳に到達するまでの間に、その流れをさえぎるようなトラブルが起きたとき「聞こえない」という現象が起き、これを『難聴』と呼びます。

難聴の種類は大きく分けて2つ

伝音性難聴

外耳、中耳に障害がある場合に起きる難聴。中耳炎や鼓膜の損傷などが代表的なものです。大部分は医学的治療によって聴力を回復させることができ、もし難聴が残っても補聴器を使用することによって言葉の聞き取りは良くなります。

感音性難聴

内耳以降に障害がある場合に起こる難聴。単に小さな音が聞こえなくなるばかりでなく、音の強弱に対する感覚や言葉に対する明瞭度が悪くなるなどの感覚異常が起こります。音は感知するが言葉の意味がわからないなどの問題を伴う場合が多くみられます。医学的治癒は難しく、一般的に補聴器を使って訓練する必要があります。

※ その他にも「混合性難聴」と呼ばれる伝音性難聴と感音性難聴の症状が混在する難聴患者の方も少なくありません。

Home

Pagetop